コピー機のトナーにまつわる契約について

コピー機と言えば現代のオフィスには必要不可欠な存在です。

現時点で最高のOKWave情報について詳しく解説しております。

原版があれば何枚でも素早く複製を作ることが出来るのがコピー機の優れた点であり、その機能の恩恵を受けないオフィスはないと言えます。
しかしながらこのコピーはコスト意識をもって使用しなければならないものであるという現実も存在しています。コピーを作成するために使用するトナーは決して安いものではないため、注意しなくてはならないのです。



この様なコピー機を導入する場合、メーカーにもよりますが契約の種類を選択することが出来る場合があります。

一つはコピー機の本体の導入後に消耗品であるトナーを購入して運用する場合です。


そしてもう一つはコピー機の消耗品であるトナーの管理は業者に任せ、使った分だけ支払いを行うという従量課金制を採用した契約です。

コピー機の場合にはこれらの契約形態のどちらかを選択することが出来る場合もあるのです。メーカーにもよりますが、一般的にトナーは5%印刷を想定した設計で作られています。もしも手元に10000枚印刷用のものがあるとすれば、それはA4用紙に対して5%程度の印刷を行った場合に、おおむね10000枚分の量であるということを意味するのです。

もしもこれよりも広い面積の印刷が中心となるのであれば従量課金制の契約の方がお得であると言えます。

お客様に相応しいアプティトナーの情報がわかりやすく紹介されています。

しかし5%未満の白っぽいコピーが多いと想定されるのであれば買取の方が安く運用できることになります。


これらの見極めがとても重要です。

1から学ぶトナー

オフィスにおいては、パソコンやコピー機などはほぼ必須の道具となっています。このとき、プリンタに関しては一定規模以上の事業所にあっては、ほぼレンタルで対応をしているケースが目立ちます。...

more

トナーの特徴紹介

業務用のプリンターは非常に速いスピードで進化を遂げ、現在のカラープリンターは印刷会社にも負けない高品質な印刷を気軽に行うことができるようになりました。このようなフルカラー対応のプリンターでは4色のトナーを使って様々な色を生み出すことができます。...

more

トナーについて情報

トナーとは、コピー機やレーザープリンターで印刷するために使用される着色料で細かい粉末のインクです。機種専用のカートリッジに詰めて使用します。...

more

知っておきたい常識

レーザープリンターを会社で使用しているのですが、トナーの料金が高くて困っているという人も多くいます。レーザープリンターはトナーを紙に焼き付けているので、インクジェットプリンターとは印画の方法が全く違います。...

more
top